• ホーム
  • >
  • 香月水泳スポーツ少年団について
  • >
  • 団長挨拶

香月水泳スポーツ少年団について


団長挨拶

私がこの香月水泳スポーツ少年団で指導をはじめて30年以上が経ちました。

指導することになったきっかけは、長男の小児喘息を少しでも楽にしてやりたいという思いで長男が水泳をはじめたことでした。

長男が水泳をする中で、私もボランティアとして水泳に関わりをもちました。

ボランティアとして水泳に携わりながら子供達に、私自身がスポーツをしていた経験から、スポーツと向き合う姿勢などを指導していくうちに、指導者という立場になりました。

しかし、私の専門は陸上だったので、水泳の指導経験ありませんでしたが、子どもたちの水泳を頑張る姿をみて、私も指導を頑張ってみようという気持ちになりました。

そして、多くの子供達と接する間に子供たちが安全な環境で安心して活動できるように、指導者としての心構えや、常に水泳の技術やルールを勉強しなければいけないと感じました。

けれど、どうしても指導者だけでは目の行き届かない部分もあります。

それでも今もこうして、香月水泳スポーツ少年団として活動できるのは、日々の育成会の皆様のご理解とご協力があっての事だと感じています。

これからも、子供達と保護者、そして私達指導者が一丸となって活動していけるように頑張りたいです。

代表取締役 大山龍美